顔のうぶ毛の自己処理の仕方

顔にうぶ毛が生えていると化粧のノリが悪くなり、崩れやすくなります。うぶ毛が化粧品をはじくので化粧品の浸透が悪くなって、化粧品から期待する効果が得られにくくもなります。日本人の毛は黒いので、うぶ毛で暗い肌にも見えてしまいます。くすみだと思っていたらうぶ毛だったということもあります。

 

顔のうぶ毛を処理すれば、化粧のノリがよくなって崩れにくくなるので、夜まできれいな状態が保てます。

 

化粧品の浸透がよくなって今まで以上に効果を実感できるかもしれません。肌が明るく透明感が増します。

 

いいことが多い顔のうぶ毛処理ですが、顔は他の部位の皮膚と比べて角質が薄くデリケートなので、処理をする時に気をつけなればなりません。

 

今話題になっている

 

←良いサイトはこちら

 

カミソリで自己処理する場合は、肌を傷つけないようにカミソリの滑りをよくするため、ローションやクリームを塗ってから行います。

 

保湿クリームなら乾燥を防げ効果もあります。毛の流れに沿って剃ります。頬は顔の内側から外側に向かって、額は中央からこめかみに向かって剃ります。

 

処理をしたら保湿をして肌をいたわりましょう。

 


このページの先頭へ戻る